市町村防災力強化出前研修

目的

市町村職員の災害対応に必要な知識の習得、スキルアップを目的として実施

対象・方法

自主防災組織リーダー(住民)、消防団員及び市町村職員が対象。市町村単位で実施(1回につき1日)

研修方法

市町村において以下から1つのメニューを選び、演習形式により実施(3時間程度)

講師陣

消防防災科学センター(研究員・図上訓練指導員)

研修コース

①住民向け災害図上訓練DIG(地震版)

◇達成目標:地域の防災環境に関する住民の理解
◇研修内容:「オリエンテーション」「地域の理解を深める」「被害を想定する」「対策を検討する」「発表・意見交換」「公表、まとめ」

②住民向け災害図上訓練DIG(風水害版)

◇達成目標:地域の防災環境に関する住民の理解
◇研修内容:「オリエンテーション」「地域の理解を深める」「被害を想定する」「対策を検討する」「発表・意見交換」「公表、まとめ」

③避難所HUG(ハグ)(風水害版)

◇達成目標:風水害時の避難所運営要領に関して住民や職員等の理解
◇研修内容:「演習の説明」 「自己紹介」「避難所HUGの実施」 「感想、発表、意見交換」「講評、まとめ」

④職員を対象とした状況予測型訓練(地震版)

◇達成目標:災害時の参集に関する職員の意識強化
◇研修内容:「訓練方法解説」「状況付与に基づく検討」「グループ討論、意見交換、発表」 「講評・まとめ」

研修風景(出前研修)

  • 受講風景イメージ
  • 受講風景イメージ
  • 受講風景イメージ
  • 受講風景イメージ

実績

市町村防災力強化出前研修 実績一覧(平成29年度)

市町村防災力強化出前研修 実績一覧(平成28年度)

市町村防災力強化出前研修 実績一覧(平成27年度)

お問い合わせはこちらから