市町村防災力強化出前研修

職員を対象とした状況予測型訓練(地震版)

研修方法

大地震発生時に自らが直面する状況や役割をイメージし、職場への参集に関する問題点を把握するためのグループワークを行う。災害時の参集に関する職員の意識強化を図ることを達成目標とする。
※図上シミュレーション訓練ではありません。

研修内容及び基本的な時間割(午前に実施の場合を例示)

時間割 内容 時間
9:00 – 9:10 挨拶、研修の目的・背景 10分
9:10 – 9:20 訓練の流れ説明、役割分担 10分
9:20 – 9:30 状況付与、参加者各自の検討(その1) 10分
9:30 – 10:00 グループ討論(その1) 30分
10:00 – 10:20 発表及びファシリテーター解説 20分
10:20 – 10:30 休憩 10分
10:30 – 10:40 状況付与、参加者各自の検討(その2) 10分
10:40 – 11:10 グループ討論(その2) 30分
11:10 – 11:30 発表及びファシリテーター解説 20分
11:30 – 12:00 講評、まとめ 30分

その他

  • 演習方法:グループワーク方式(1グループ5名程度)
  • 会場:各団体指定の会議室
  • 時間:3時間程度
  • 参加者:一般職員30名程度
  • ファシリテーター(進行・解説):
    消防防災科学センター図上訓練指導員3名
  • 実施団体で用意していただきたいもの:
    各自の筆記用具(ボールペン等)、プロジェクター、スクリーン、音響設備(マイク2本)、ネームプレート
  • 学習参考資料として、地域防災計画、防災マップ等をご準備下さい。

研修風景(予測型訓練地震版)

  • 受講風景イメージ
  • 受講風景イメージ

市町村防災力強化出前研修 コース一覧

①住民向け災害図上訓練DIG(地震版)

②住民向け災害図上訓練DIG(風水害版)

③避難所HUG(ハグ)(風水害版)

④職員を対象とした状況予測型訓練(地震版)

お問い合わせはこちらから