市町村職員防災基本研修

目的

新任の防災担当職員の防災実務に資するよう、必要な知識、スキルの習得を目的として実施

対象・方法

新任防災担当職員(幹部職員を含む)を対象に、都道府県単位で実施

研修方法

都道府県において市町村の新任防災担当職員(幹部職員を含む)を対象に、都道府県単位で実施(1回につき6時間程度)

講師陣

当センター研究員、防災図上訓練指導員、被災市町村職員、地元気象台職員、防災専門コンサルタント[(一社)減災・復興支援機構、(株)防災&情報研究所]

研修内容

  • ①災害対応の基礎知識(災害対策本部の設置・運営、避難対策)(座学)
  • ②気象台からの防災気象情報について(座学)
  • ③被災市町村職員を交えたグループ討論
  • ④災害図上訓練DIG及び避難所HUG(体験)

基本的な時間割

時間割 内容 時間
9:30~ 9:40 オリエンテーション 10分
9:40~11:10 災害対応の基礎知識(災害対策本部の設置・運営、避難対策) 90分
11:10~11:20 (休憩) 10分
11:20~12:00 気象台からの防災気象情報について 40分
12:00~13:00 (昼食)*消防防災GIS映像紹介 60分
13:00~14:30 被災市町村職員を交えたグループ討論 90分
14:30~14:40 (休憩) 10分
14:40~16:20 災害図上訓練DIG及び避難所HUG体験 100分
16:20 – 16:40 消防防災GIS紹介、アンケート記入、修了証授与 20分

研修風景(基本研修)

  • 受講風景イメージ
  • 受講風景イメージ
  • 受講風景イメージ
  • 受講風景イメージ

実績

市町村職員防災基本研修 実績一覧(平成29年度)

市町村職員防災基本研修 実績一覧(平成28年度)

市町村職員防災基本研修 実績一覧(平成27年度)

お問い合わせはこちらから