市町村防災力強化専門研修

目的

市町村職員を対象に、昨今の防災上の課題について、専門的な知識を習得することを目的に実施

対象・方法

市町村防災担当職員、各分野の担当職員等が対象。都道府県単位で実施(1回につき5時間程度)

研修方法

都道府県において下記の研修コースの中からいずれかのテーマを選択し、都道府県単位で実施する(5時間程度)

講師陣

消防防災科学センター(研究員・図上訓練指導員)
防災専門会社[(株)防災&情報研究所、(一社)減災・復興支援機構、(株)社会安全研究所、(一社)福祉防災コミュニティ協会]

研修コース

①災害対策本部設置・運営訓練体験研修

仮想のまちであるZ市が震度6強の大地震に襲われたことを想定し、発災初動期における災害対策本部の設置・運営について模擬的に体験し、災害対策本部における対応のノウハウを習得する。

②避難勧告・指示に関する実務研修

災害時に発令される避難勧告・指示について、過去の災害時における状況分析と基本的な知識を学び、様々な災害や状況を前提とした実戦的なグループワーク型図上訓練を通して、避難勧告・指示、避難誘導等のあり方を学び、課題の解決方策を習得する。

③避難所の運営に関する実務研修

避難所開設・運営事例と課題について、過去の災害事例から基本的な知識を学ぶとともに、ワークショップ形式のグループ討論により避難所施設の使い方、避難所で生じる課題への対処要領や事前に準備しておくべき対策を習得する。

④要配慮者・避難行動要支援者に関する実務研修

避難行動や避難所生活等において特に配慮や支援を要する方々のための防災対策に関し、過去の災害時の対応事例や先進地域の取組事例を紹介するとともに、他市町村の取組状況に関して、参加者同士のグループ討論により情報交換を行うことにより、要配慮者・避難行動要支援者対策のあり方を学び、課題の解決方策や留意点を習得する。

⑤福祉避難所の設置・運営に関する実務研修

市町村の福祉関係部局、社会福祉協議会、福祉施設の職員など従来、防災に深く関わっていないが、災害時に重要な役割をする福祉関係者を対象に、福祉避難所の設置・運営に関する実務研修を実施し、今後の福祉避難所設置・運営に資するノウハウを習得する。

実績

市町村防災力強化専門研修 実績一覧(平成29年度)

市町村防災力強化専門研修 実績一覧(平成28年度)

市町村防災力強化専門研修 実績一覧(平成27年度)

お問い合わせはこちらから