市町村防災力強化専門研修

避難所の運営に関する実務研修

研修方法

災害時の避難者対応は自治体にとって最も重要な活動である。一方で地域防災計画によると非常に少ない派遣職員で大勢の避難者に対応しなければならない状況にある。加えて避難所の開設と運営はそこに関わる機関が多いこともあって協議が難しく、また災害時の課題も把握し難いことから現状ではあまり対策が進んでいないのが実情である。

本研修では、避難所開設等の課題を事例で紹介し、その知識をもとに避難所となる施設の使い方や避難所で出る様々な課題にどのように対処するかをワークショップ形式で学んで貰う。さらにこのような実戦型の研修を通じ、事前に実施しておくべき対策についても解説する。

研修内容及び基本的な時間割

その他

  • 受講者は防災担当課以外に避難所担当の職員。また自治体が養成する自主防災組織の役員などを同伴することができる。
  • 避難所の運営に関し、質問事項を事前に受け付け、可能な限りそれに応じられるようにする。
  • 本研修の全体取りまとめ及び講師は、一般社団法人 減災・復興支援機構が行う。

研修風景(避難所運営研修)

  • 受講風景イメージ
  • 受講風景イメージ

市町村防災力強化専門研修 コース一覧

①災害対策本部設置・運営訓練体験研修

②避難勧告・指示に関する実務研修

③避難所の運営に関する実務研修

④要配慮者・避難行動要支援者に関する実務研修

⑤福祉避難所の設置・運営に関する実務研修

 

お問い合わせはこちらから