市町村防災力強化専門研修

災害対策本部における情報処理に関する研修【NEW】

研修方法

仮想のまちであるZ市が震度6強の大地震に襲われたことを想定し、本部室要員としての役割を付与された参加者は、本部班に同時に多数の情報が入ってくる状況を模擬的に体験する。それにより、情報の整理やトリアージ等災害対策本部における情報処理のノウハウを学ぶ。

研修対象者

市町村防災担当職員・消防職員

研修内容及び基本的な時間割

その他

  • 参加者の班分けは、実施都道府県と協議の上、事前に決める。
  • 「消防防災GISの紹介」は、実施都道府県と協議して、実施の有無若しくは実施時間(時間短縮も可)を決定する。なお、消防防災GISは当センターが開発・運用している市町村の災害対応を支援するシステム。
  • 消防防災GISサポーターは、本GISを積極的に活用している自治体の担当者で、毎年度当センターが委嘱している。平成30年度は8名に委嘱し、年度末に活用事例の報告会で発表いただいている。
  • 本研修は、当センターに登録している図上訓練指導員、消防防災GISサポーターの協力を得て実施する。

研修風景(本部運営訓練体験研修

  • 受講風景イメージ
  • 受講風景イメージ

市町村防災力強化専門研修 コース一覧

①災害対策本部における情報処理に関する研修

②避難勧告・指示に関する実務研修

③避難所の運営に関する実務研修

④要配慮者・避難行動要支援者に関する実務研修

⑤福祉避難所の設置・運営に関する実務研修

⑥市町村と都道府県との連携促進研修

お問い合わせはこちらから