市町村防災担当幹部職員研修

目的

市町村の防災担当幹部職員の防災実務に資するよう、必要な知識、スキルの習得を目的として実施

対象・方法

市町村の防災担当幹部職員を対象に、都道府県単位で実施

研修方法

都道府県において市町村の防災担当幹部職員を対象に、都道府県単位で実施(1回につき4時間程度)

 

*コロナ禍を踏まえ、オンラインでの開催も可能

講師陣

当センター研究員、被災市町村職員

研修内容

  • ①被災自治体幹部職員による災害時の対応に関する講義
  • ②警戒・初動段階における意思決定・判断に関する演習

基本的な時間割

時間割 内容 時間
10:00~ 10:10 オリエンテーション 10分
10:10~11:50 被災自治体幹部職員による災害時の対応に関する講義(座学) 100分
11:50~12:50 昼食休憩 60分
12:50~14:50 警戒・初動段階における意思決定・判断に関する演習 120分
14:50~15:00

アンケート記入、修了証授与、閉会

10分

実績

 

市町村長防災危機管理幹部 実績一覧(令和2年度)

市町村長防災危機管理幹部 実績一覧(令和元年度)

市町村職員防災幹部研修 実績一覧(平成30年度)

お問い合わせはこちらから