オンライン版市町村職員防災連続講座

 
お申込みフォームはコチラ>>> よくあるご質問はコチラ>>>

目的

市町村職員等を対象に、様々なテーマについてリアルタイムな講演をオンラインで実施。

対象・方法

全国の市町村職員等を対象に、オンラインで年間5回実施

研修方法

全国の市町村職員等を対象に、災害対策本部、避難措置、避難所の運営、避難行動要支援者、災害廃棄物処理、保健医療等のテーマに ついて、学識経験者によるリアルタイムの講演をおおむね2か月に1回(2テーマ約2時間)、計5回オンラインで実施します。各回の実施プログラム、参加方法等は、次のとおりです。

第1回連続講座の開催について

    • 1 趣旨
      当センターが実施している市町村防災研修事業の一環として、全国の市町村職員等に対して、専門家による最先端の知見を伝える場をオンラインで提供します。この度、第1回として出水期を前に、避難、自治体の危機管理をテーマとした講座を下記のとおり開催します。多くの皆様のご参加をお待ちしています

 

  • 2 方法
    (1)日時
       令和3年5月26日(水)
       14:00~16:20

    (2)方法
       Zoom ウェビナー方式によるリアルタイム講座

    (3)プログラム

    次第 時間 備考
    オリエンテーション 14:00-14:10 センター研究員
    講義1
    「最近の豪雨災害事例から学ぶこと」(仮)
    静岡大学 牛山素行教授
    14:10-15:10
    55分講義
    5分質疑
    質疑は講義中にチャット機能等で受付け、進行担当が整理した上で講師にフィードバックする。
    (休憩) 15:10-15:15
    講義2
    「風水害と自治体の危機管理」(仮)
    東京経済大学 吉井博明名誉教授
    15:15-16:15
    55分講義
    5分質疑
    同上
    おわりに 16:15-16:20 センター研究員
    アンケート案内

    (4)受講者
       ・全国の市町村職員・消防職員・都道府県職員等。

    (5)申し込み
       次のバナーからお申し込みをお願いします。

 

オンライン版市町村職員防災連続講座 お申込みフォーム

 

 

よくあるご質問

 

    • (1)第2回目からの申込みが必要ですか
      本研修は、5回分の一括申し込み方式ではありませんので、各回ごとにお申し込み下さい。第2回目以降は7月、9月、11月、1月を予定しておりますが、日時や講師が確定した段階で今回と同様、メールによりご案内をいたします。「申込完了メール」を受信した方には、研修開催の約1週間前にリマインドメールを一斉送信します。このとき、各回の研修受講用の URL を添付しますので、これにアクセスすることにより受講可能になります。
    • (2)受講対象者は市町村職員だけですか
      令和3年度募集要綱において、市町村職員、消防本部職員のほか、都道府県職員も受講可能と記載しています。ただし、他の研修と同様、主に市町村職員を対象とした内容としているので、この点に後留意いただければと存じます。
    • (3)受講者数の制限はありますか
      第1回目の受講者数は500名、第2回目以降は1,000名と、申込フォームで受付ける際の受講者数の上限を設定しております。
      したがいまして、受講者数の制限以内であって、申込後に自動送付する「申込完了メール」を受け取ることができた方は、受講可能です。 なお、これまでの出前研修等における市町村様にメール送信したときの経験上、メールアドレスに 「lg」 が付くアカウントの場合、当センターから送付したメールの2、3割ほどがセキュリティのためか受信していただけないことがあります。そのため、申込フォームでは、申込者本人に「申込完了メール」が10分以内に届かない場合、「lg」 が付かない別のアカウントに置換えて再度申込みしていただくようお願いしております。
    • (4)申し込み期限はありますか
      申込期限は、特に設定しておりません。 但し、期日に関わらず、受講者数の上限に達した段階で、それ以降の申し込みができなくなりますので、早めに申し込み願います。
    • (5)参加料金はかかりますか
      『オンライン版市町村職員防災連続講座』は無料講座です。
    • (6)録画はできますか
      録画はしないようにお願い致します。 講師の先生方にも、今回のオンライン研修を受講者が録画することについての許諾を得ておりません。

お問い合わせはこちらから