市町村防災力強化専門研修

福祉避難所の設置・運営に関する実務研修

研修方法

市町村の福祉関係部局、社会福祉協議会、福祉施設の職員など従来、防災に深く関わっていないが、災害時に重要な役割をする福祉関係者を対象に、福祉避難所の設置・運営に関する実務研修を2回実施する。 初回は福祉避難所の必要性、概要、現場の状況についての講義、福祉避難所をどう運営するかについて参加者同士で ワークショップ、マニュアルひな形を活用した福祉避難所マニュアルの作成手法の講義を実施する。 参加者は出身組織に戻り、アンケートや職員のグループワークにより自地域、施設の状況に合わせてマニュアル素案を作成する。 2回目は、各自のマニュアルの相互参照、講師の助言等によりレベルアップを図るとともに、初動対応について講義する。これにより実効性の高いマニュアルが成果として残り、今後の福祉避難所設置・運営に資するための研修とする。

研修対象者

市町村福祉関係部局、社会福祉協議会、福祉施設の職員、防災担当職員

研修内容及び基本的な時間割

その他

  • 受講者は、1市町村から、福祉関係部局、社会福祉協議会、福祉施設の職員など従来、防災に深く関わっていないが、災害時に重要な役割を果たす福祉関係者が複数名参加することが望ましい。また、防災担当部局職員も参加することで福祉避難所の効果的な運用体制の構築につながる。
  • 受講者には事前に福祉防災全体のイメージを持ってもらうため、テキストとなる書籍(「福祉施設の事業継続計画(BCP)作成ガイド)を紹介する。
  • 福祉避難所の設置・運営に関し、講師に対する質問事項を事前に受け付け、可能な限りそれに応じられるようにする。
  • 本研修の全体取りまとめ及び講師は、一般社団法人 福祉防災コミュニティ協会が行う。

市町村防災力強化専門研修 コース一覧

①災害対策本部における情報処理に関する研修

②避難勧告・指示に関する実務研修

③避難所の運営に関する実務研修

④要配慮者・避難行動要支援者に関する実務研修

⑤福祉避難所の設置・運営に関する実務研修

⑥市町村と都道府県との連携促進研修

お問い合わせはこちらから