市町村防災力強化専門研修

要配慮者・避難行動要支援者に関する実務研修

研修方法

高齢者、障害者等の避難行動や避難所生活等において特に配慮や支援を要する方々のための防災対策に関し、過去の災害時の対応事例や先進地域の取組事例を紹介するとともに、他市町村の取組状況に関して、参加者同士で情報交換を行う。このことにより、要配慮者・避難行動要支援者対策をどのように進めていけばよいか、その課題解決策や留意点を習得し、参加自治体における今後の支援対策の構築に資するための研修とする。

研修対象者

市町村要配慮者・避難行動要支援者対策担当職員、防災担当職員

研修内容及び基本的な時間割

時間*1

タイトル

内容

10:00~10:15

オリエンテーション

 

本研修の位置づけ、進め方、資料配付の方法等について説明する。

10:15~11:00

過去の災害事例と要配慮者対策の変遷と国の取組等

 

過去の災害時における要配慮者への対応事例や課題・教訓、要配慮者・避難行動要支援者対策に関する国の取組や制度等について紹介する。

10:50~11:00

休憩

 

11:00~12:00

先進自治体の取組事例紹介

避難行動要支援者名簿の活用、個別避難計画の作成、避難訓練の実施等について、先進的に取り組んでいる自治体の事例を紹介するとともに、対策を進める上での留意点等を解説する。

12:00~13:00

昼食休憩

 

13:00~15:05

参加者によるワークショップ

テーマ:災害時の要配慮者対応における行政の役割と事前準備

参加者6~7人で1グル~プを構成、グル~プ単位で討論する。災害発生前、発災直後、避難生活期を想定し、各フェーズにおいて要配慮者が直面する課題を抽出し、行政としての支援のあり方や必要な事前対策などについてグループ討論を行う。

15:05~15:20

休憩

 

15:20~16:20

グループ討論結果の発表及び講評

グループ検討を踏まえ、発表・意見交換を行う。

16:20~16:30

アンケート記入、閉会

 

 

その他

  • 本研修用のテキストを講義前に配付する(一部、講義中に配付するものもある)。
  • 受講者には地元の状況についてグループ討論の中で簡単に紹介してもらう場合があるので、関連資料の持参をお願いすることがある(資料内容は別途連絡)。
  • 本研修の進行及び講師は、株式会社 社会安全研究所が行う。

研修風景(要配慮者研修)

  • 受講風景イメージ
  • 受講風景イメージ

市町村防災力強化専門研修 コース一覧

①災害対策本部における情報処理に関する研修

②避難指示等に関する実務研修

③避難所の運営に関する実務研修

④要配慮者・避難行動要支援者に関する実務研修

⑤福祉避難所の設置・運営に関する実務研修

⑥市町村と都道府県との連携促進研修

 

お問い合わせはこちらから